ニュース

2014/1/16
ワンビ株式会社

パナソニックの7型頑丈Windowsタブレット「TOUGHPAD FZ-M1」が
「TRUST DELETE Biz」SMSプッシュタイプに対応

ワンビ株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長 加藤 貴、以下ワンビ)は、パナソニック株式会社が2014年3月上旬より発売する7型液晶搭載の世界最軽量、頑丈タブレットコンピューター「TOUGHPAD(タフパッド)FZ-M1」が、案件対応により電源オフ状態でも遠隔データ消去が行える「TRUST DELETE Biz(トラストデリート ビズ)」 SMSプッシュタイプに対応していることを発表しました。

パナソニックの「TOUGHPAD FZ-M1」は、軽量・長時間・頑丈・高性能のビジネスモバイル「レッツノート」と屋外で使用可能な頑丈パソコン「タフブック」の技術を融合し、Windows環境を手軽に持ち運びができる軽さと薄型、頑丈、高性能を兼ね備えたタブレットです。しかし、その携帯性、利便性がゆえに、紛失や盗難といったリスクが伴うのも事実です。万が一、紛失や盗難に遭った際、タブレットの中の重要なデータを遠隔で消去できるセキュリティ対策を行っていれば、安心して外へ持ち出すことが出来るようになります。

「TRUST DELETE Biz」 SMSプッシュタイプは、NTTドコモのネットワークを介してSMS(ショートメッセージ)で消去命令をプッシュ送信して、OSを起動することなくSSD内のデータを消去します。 また、タブレットの電源が入っていない状態でも、 自動で電源を投入してデータを消去することができます。

携帯性、堅牢性に優れた「TOUGHPAD FZ-M1」と、遠隔データ消去サービス「TRUST DELETE Biz」 SMSプッシュタイプを組み合わせることで、より安全で快適なモバイルワーク環境をご提供いたします。

※「TRUST DELETE Biz」 SMSプッシュタイプをご利用の場合は、別途お客様にてSMSがご利用可能なNTTドコモのXi®のご契約が必要です。