データ消去証明書サンプル~ADECが発行する「データ適正消去実行証明書」について~

パソコンなどを廃棄する際、情報漏えいを防ぐために適正なデータ消去は非常に重要です。適正なデータ消去を行わずにパソコンなどの情報機器を廃棄したりすることが情報漏えいの最も多い原因となっています。情報機器を安全に廃棄するためには、適正なデータ消去が必要です。

そうした背景のなかで、ADEC(データ適正消去実行証明協議会)は、データの適正消去が行われたことを証明するための第三者証明サービスの普及を推進しています。

 

データ消去証明書サンプル

ADEC(データ適正消去実行証明協議会)が発行する「データ適正消去実行証明書」は以下のものとなります。

証明書には大きく分けて、「消去パソコン情報」「消去情報」が記載されています。

「消去パソコン情報」は、データが消去された情報機器のメーカー名、製造番号(シリアル)、ドライブ情報が記載。「消去情報」は、データを適正消去した事業者、使用したソフトウェア、実行された日時、結果が記載されています。

また、国際標準の長期署名規格(PAdES)に準拠した電子署名が付与され、証明書の改ざんを防止しています。Adobe Acrobat Readerで表示させることで電子署名が検証され、証明書の改ざんや破損など、不正がないことを確認することができます。

 

データ適正消去実行証明書発行までの流れ

適正なデータ消去が行われたという証明である「データ適正消去実行証明書」がどのように発行されるのか、具体的な手順を追って解説しましょう。

具体的な流れ(一例)

  1. データを消去する前にデータを消去するパソコンの情報を管理サーバーに登録。
  2. その後、認証されたソフトウェアを使用してデータを消去。
  3. 消去完了後に表示されるQRコードをスキャンしてADECサーバーに送付。
  4. データ消去が完了されたことになり、証明書が発行。

 

データ適正消去実行証明書が発行できるセキュリティ製品

OneBeには、「データ適正消去実行証明書」を発行できる製品が多数ありますので紹介します。

 

OneBe Wipe

利用者自身で適正なデータ消去ができるソフトウェア。パソコンの廃棄やリユース時などの情報漏えいを防ぐセキュリティソフトです。総務省の情報セキュリティポリシーに関するガイドラインで提唱する復元困難な消去方式を採用し、データ消去完了後は第三者機関ADECからのデータ適正消去実行証明書の発行が可能です。

OneBe Wipeについてはこちらから

 

TRUSTMDELETE prime+

パソコンなどの情報端末の紛失・盗難に遭遇してしまった際に、リモートロックや消去で情報漏えいを防ぐソフトウェアです。紛失を防止するために、自律制御セキュリティ機能が違反を検知するとアラームが大音量で鳴り、ロック・消去でデータを守ります。モバイルパソコンを社員へ支給している企業や在宅ワークを実施している企業には必須の製品です。万が一盗難に遭遇しても機密情報を守ることができます。盗難・紛失への対応以外にも、パソコンなどの情報機器のデータを計画的に廃棄消去した際には、第三者機関ADECからのデータ適正消去実行証明書の発行が可能です。

TRUSTMDELETE prime+についてはこちらから

 

TRUSTDELETE Biz パナソニック版 Plus

パナソニックのパソコン「Let’s note WWANモデル(LTE通信)」のユーザーに特化したサービスです。Let’s note WWANモデル(LTE通信)で動作している場合に、インターネットまたはSMS(ショートメッセージサービス)を経由して、遠隔ロック・消去が可能です。パソコンなどの情報機器のデータを計画的に廃棄消去した際には、第三者機関ADECからのデータ適正消去実行証明書の発行が可能です。

TRUSTDELETE Biz パナソニック版 Plusについてはこちらから

 

Storage LCM

データセンターのストレージのデータを復元困難な状態にデータ消去したことを証明するサービスがStorage LCMです。ADEC消去技術の認定基準をクリアし、第三者機関ADECのデータ適正消去実行証明書の発行が可能です。データ消去が確実に行われたかわからなかったデータセンターのストレージに対応した製品です。

NetApp社のONTAPのデータ消去に対する証明に対応しています。(20216月現在)

Storage LCMについてはこちらから

 

まとめ

本記事で紹介したデータ適正消去実行証明書は、パソコンのリユースや廃棄の際の情報漏えいを防ぐための大切な証明書です。

OneBeでは、安全な状態でデータ消去でき、証明書の発行が可能な製品を多数取り揃えています。これから安全にデータ消去をしたいと考えている方は、OneBeのセキュリティ製品をご検討ください。

 

「データ消去証明書」についてもっと知りたい方はこちらをご覧ください。

 

 

あわせて読みたい

お見積・評価版






製品・コラム










データ消去証明書(データ適正消去 第三者証明サービス)
データ消去証明書に対応したエンドポイントセキュリティ​ TRUST DELETE prime+
フルワイプに対応したエンドポイントセキュリティ TRUST DELETE Biz+
24時間365日コールセンターからリモートワイプ TRUST DELETE Bizパナソニック版 Plus
VAIO PC向け遠隔消去情報漏えい対策ソリューション
利便性とセキュリティの両立
パソコンの遠隔ロック・消去ソフト ワンビ リモートワイプ
確実にストレージのデバイス消去を実行して安心を​ OneBe Storage LCM
PC廃棄・リユース時の情報漏えい対策に最適​ OneBe Wipe
パソコンの不正持ち出し抑止ソフト OneBe Guard
パソコンの不正持ち出し抑止ソフト OneBe UNO
ワンビセミナー

エンドポイントの
情報漏えい対策を考えるコラム

2021.07.12
これを読めば全容がわかる!総務省「テレワークセキュリティガイドライン第5版」を改定部分も含めて徹底解説!
この記事をご覧になられている方はきっとテレワークに興味があって読まれていると思います。 弊社は、テレワークによる働き方が広く浸透し、全社員がテレワークで快適に働けるような体制が整っています。 社内外で......
2021.07.02
ADEC(データ適正消去実行証明協議会)
ADEC(データ適正消去実行証明協議会)とは ADEC(データ適正消去実行証明協議会)は、ソフトウェア産業の発展を目的とした一般社団法人であるSAJ(一般社団法人ソフトウェア協会)のデータ適正消去実行......
2021.06.15
個人のパソコンも情報漏えい対策できるって本当⁉ワンビの個人向けセキュリティ対策
みなさまいかがお過ごしでしょうか? 世の中は新型コロナウイルスが蔓延していますね。みなさま引き続き警戒しましょう! この状況で様々な働き方も変化しており、テレワークによる働き方がますます広がりそうです......
2021.05.24
データ消去証明書の効力(信頼性)とその活用事例を紹介
数ある情報漏えいのインシデントの原因のなかで最も多いのは、「紛失・誤廃棄」という調査結果がでています(出典:東京商工リサーチ「上場企業の個人情報漏えい・紛失事故」調査 情報漏えい・紛失件数 原因別)。......
2021.05.01
データ消去証明書サンプル~ADECが発行する「データ適正消去実行証明書」について~
パソコンなどを廃棄する際、情報漏えいを防ぐために適正なデータ消去は非常に重要です。適正なデータ消去を行わずにパソコンなどの情報機器を廃棄したりすることが情報漏えいの最も多い原因となっています。情報機器......