パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

Openfireにサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性を確認

  • 元記事:Uncontrolled Resource Consumption with XMPP-Layer Compression
  • HP:Openfire Project
  • 発表日時 2014/4/15

    Openfire ProjectのOpenfireにサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性が確認された。影響を受けるのはOpenfire 3.9.1とそれ以前のバージョンで、XMPP DEFLATEメッセージ圧縮を使用した際にリソース消費の脆弱性が含まれる。この脆弱性が悪用されると、認証されていない攻撃者が遠隔からDoS攻撃を行う恐れがある。現在この脆弱性に対する解決策は確認されていない。回避策としてアクセス制限をし、XMPP圧縮を無効にすることでこの脆弱性を軽減できる。




    あわせて読みたい