遠隔データ消去サービス よくあるご質問(FAQ)


Last Update: 2018/06/04

  • 8.0.75.121以降のタイマーロックとリモートロックについて
  • インストーラーは32ビット版と64ビット版異なるパッケージですか?
  • インストールに必要なユーザの権限は何ですか?
  • インストール時に「Microsoft Storeアプリのみがインストールを許可されています」と表示されてしまいます。
  • クライアントのプログラムを登録しようとすると「認証に失敗しました。入力されたシリアル番号、または契約数に間違いがないかご確認ください。」というメッセージが表示されます。
  • 管理コンソールのサポート対象のブラウザは何ですか?
  • 管理コンソールにログインするための「ログインID」もしくは「パスワード」を忘れてしまいました。
  • ログインIDを変更したいのですが。
  • ログインパスワードを変更したいのですが。
  • インストールしたのですが、管理コンソールにPCが表示されません。
  • シリアル番号がわかりません。
  • クライアントプログラムのネットワーク設定が変更できません。
  • 社内でプロキシを使用しています。登録や認証に失敗します。どうしたら良いでしょうか?
  • 管理者が変わりました。登録しているメールアドレスを教えていただけますか?またメールアドレスを変更できますか?
  • 位置情報を取得するためにはどうしたら良いですか?
  • 位置情報で皇居がポイントされていますが行っていません。なぜでしょうか?
  • パソコンを紛失しました。消去命令を発行するにはどうしたら良いですか?
  • 使用しているパソコンの日付を変更したらパソコンのマウス、キーボードが使用できなくなりました。
  • デバイスロックを解除するためのUSBメモリを作成したいのですがどのように作成すれば良いのでしょうか?
  • SSIDによるデバイスロック解除とはどのような機能でしょうか?
  • 突然デスクトップのファイルが消えてしまいました。何が起きたのでしょうか?
  • 不可視モードを解除するにはどうしたらよいでしょうか?
  • デバイス暗号化(Windows8.1からの機能)は遠隔データ消去サービスのBitLockerキー消去は対応していますか?
  • クライアントプログラムをアンインストールしたいのですが、パスワードがわかりません。
  • 契約期間が終了した場合どうなりますか?
  • クライアントプログラムに「使用不可」と表示されました。どうしたらよいのでしょうか?



  • 8.0.75.121以降のタイマーロックとリモートロックについて


    8.0.75.121以降のタイマーロックとリモートロックについてはこちらをご参照ください。


    インストーラーは32ビット版と64ビット版異なるパッケージですか?


    遠隔データ消去サービスは32ビット、64ビットのOSどちらにも1つのインストーラーでインストール可能です。


    インストールに必要なユーザの権限は何ですか?


    遠隔データ消去サービスのインストールには管理者権限が必要です。管理者権限を持つユーザから実行してください。


    インストール時に「Microsoft Storeアプリのみがインストールを許可されています」と表示されてしまいます。


    遠隔データ消去サービスのインストール時に「このPCの設定では、Microsoft Storeの確認済みアプリのみがインストールを許可されています」と表示される場合があります。
    [Windowsの設定] - [アプリ] - [アプリと機能] - [アプリのインストール]から「任意の場所のアプリを許可する」に設定を変更してから、インストールを実行してください。


    クライアントのプログラムを登録しようとすると「認証に失敗しました。入力されたシリアル番号、または契約数に間違いがないかご確認ください。」というメッセージが表示されます。


    シリアル番号と契約台数/登録済台数を確認してください。
    シリアル番号は、管理コンソールにログインして「管理者」メニューのインストール情報に記載されています。
    契約台数/登録済台数は、管理コンソールにログインして「管理者」メニューの契約情報に記載されています。契約台数と登録済台数が同じ数値の場合には、それ以上クライアントを登録することができません。契約台数を追加いただくか、使用されていないPCの登録を解除して、クライアントを登録できるようにする必要があります。


    管理コンソールのサポート対象のブラウザは何ですか?


    - Microsoft Internet Explorer ver.11
    - Microsoft Edge
    - Google Chrome


    管理コンソールにログインするための「ログインID」もしくは「パスワード」を忘れてしまいました。


    ログイン画面の「ログインID、パスワード忘れ」のリンクより、登録時のメールアドレスもしくはライセンス番号を入力して「送信」ボタンを実行してください。ご登録のメールアドレスにログインIDをお送りします。またメールの案内に従ってパスワードを再設定することができます。


    ログインIDを変更したいのですが。


    ログインIDは変更することはできません。


    ログインパスワードを変更したいのですが。


    ログインパスワードは、管理コンソールにログインして「管理者」メニューのアドミニストレータ設定で変更することができます。


    インストールしたのですが、管理コンソールにPCが表示されません。


    インストールをした後は、クライアントのPCを登録する必要があります。デスクトップ上の「トラストデリート」アイコン、またはスタートメニューから「トラストデリート」をクリックして実行し、利用登録の画面からシリアル番号を入力して、[登録]ボタンを実行してください。シリアル番号は、8桁の英数字です。


    シリアル番号がわかりません。


    シリアル番号は、管理コンソールにログインして「管理者」メニューのインストール情報に記載されています。


    クライアントプログラムのネットワーク設定が変更できません。


    クライアントプログラムのネットワーク設定の変更を禁止もしくは許可することができます。クライアントプログラムのネットワーク設定の変更を禁止もしくは許可するための設定は、管理コンソールにログインして「設定」メニューより設定グループ(設定A01~A04)を選択して認証通信間隔の「プロキシの設定をロックする」で有効/無効を設定できます。


    社内でプロキシを使用しています。登録や認証に失敗します。どうしたら良いでしょうか?


    遠隔データ消去サービスはInternet Explorerの設定を参照することができます。またクライアントプログラムでプロキシ設定をすることもできます。

    【クライアントプログラムのプロキシ設定の確認】
    遠隔データ消去サービスのプロキシ設定を確認するには、デスクトップ上の「トラストデリート」アイコン、またはスタートメニューから「トラストデリート」をクリックして実行し、ネットワーク設定から確認をすることができます。

    【ユーザー認証プロキシを使用している場合】
    トラストデリートはユーザー認証プロキシに対応していません。
    ユーザー認証プロキシを使用している環境では、次の方法を検討してください。
    - トラストデリートの登録や認証などの通信はhttpsで行っています。httpsの通信を許可するように設定してください。


    管理者が変わりました。登録しているメールアドレスを教えていただけますか?またメールアドレスを変更できますか?


    登録しているメールアドレスは、管理コンソールにログインして「管理者」メニューのアドミニストレータ設定で確認することができます。また、そこで変更することも可能です。


    位置情報を取得するためにはどうしたら良いですか?


    遠隔データ消去サービスが位置情報を取得するために次の項目を確認してください。
    - 遠隔データ消去サービスの「位置情報を利用する」の設定をオンにします。
    - Windowsの位置情報の設定がオンであることを確認します。
    - お使いのパソコンにGPS、WWANもしくは、Wi-Fiが必要です。
    - 位置情報の取得を試す場合には、取得しやすい環境で行ってください。
    - クライアントプログラムによる位置情報の取得タイミングと管理サーバーへの通知

    【遠隔データ消去サービスの位置情報設定を確認する方法】
    位置情報を取得するための設定は、管理コンソールにログインして「設定」メニューより設定グループ(設定A01~A04)を選択して認証通信間隔の「位置情報を利用する」で有効/無効を設定できます。

    【Windowsの位置情報の設定を確認する方法】
    Windows10の場合
    スタート画面もしくは、アクションセンターから[Windowsの設定] - [プライバシー] - [位置情報]から、[位置情報サービス]がオンであることを確認します。

    ※ご利用の機種やOSのアップデートによって設定箇所が異なる場合があります。
    デスクトップアプリケーションが利用するWindows位置情報機能を有効にする設定手順に関しましては、マニュアルや各メーカーWebサイトをご確認下さい。

    Windows8.1の場合
    チャームを表示させて[設定] - [PC 設定の変更] - [プライバシー] - [位置情報]から、[Windowsとアプリで自分の位置情報を使うことを許可する]をオンであることを確認します。

    [アプリで自分の位置情報を使うことを許可する]がグレーアウトしている場合
    [コントロールパネル] - [位置情報の設定]から、[Windows位置情報プラットフォームを有効にする]をオンであることを確認してください。

    【位置情報の取得にはGPS、WWANもしくはWi-Fiが必要です】
    位置情報の取得にはGPS、WWANもしくはWi-Fiが必要です。お使いのパソコンにそれらが搭載されているかどうかについては、マニュアルや各メーカーのWebサイトをご確認下さい。

    【位置情報を取得しずらい場所があります】
    - GPSの場合は屋内や高層ビルの谷間等において取得できない傾向にあります。
    - WWANもしくはWi-Fiによる位置情報では三角測量による方法で位置が計算されます。一般人が入れないオフィスビルの上層階や、一般人が入れない広い土地(工場の敷地内で一般道路から距離がある等)、人口が少ない地域(Wi-Fiが飛んでいない地域)において取得できない傾向にあります。

    【クライアントプログラムによる位置情報の取得と管理サーバーへの通知】
    クライアントプログラムはログオン後、15分毎に位置情報の取得を行います。また位置情報の管理サーバーへの通知も15分毎に行われます。取得された位置情報の通知にはインターネットに接続されている必要があります。インターネットに接続されていない場合の位置情報はパソコン内に保存されインターネットに接続されている次回のタイミングでまとめて送られます。


    位置情報で皇居がポイントされていますが行っていません。なぜでしょうか?


    遠隔データ消去サービスではWindowsの位置情報サービスを利用しています。取得可能な正しい設定が行われても、環境等の理由によって位置情報が取得できない場合があります。Windowsの位置情報取得機能についてはこちらをご参照ください。
    位置情報の計算では、
    - 全地球測位システム (GPS)
    - 携帯電話の電波塔による三角測量
    - Wi-Fi による三角測量
    - IP アドレスの解決
    が利用されます。
    GPS、WWAN、Wi-Fiによる位置データが利用できない場合、Windows位置情報取得機能は、IP アドレスを解決によっておおよその位置を特定する場合があります。その際に、 その地域の中心的な場所が表示されます。東京付近では皇居が、大阪や名古屋では京都府庁がポイントされる場合があります。
    (Windows位置情報取得機能は、IP アドレスを解決によって50 km の精度でおおよその位置を特定する場合があります。しかし遠隔データ消去サービスでは、25Kmを超える精度の低いデータは採用しません。)


    パソコンを紛失しました。消去命令を発行するにはどうしたら良いですか?


    管理コンソールにログインして「ホーム」メニューから消去命令を実行したいコンピューター名をクリックしてください。詳細情報ページに表示される「命令発行」の右のアイコンをクリックすると消去命令を発行することができます。消去命令を発行する場合には、「設定」メニューより設定内容を確認して、変更があれば変更内容を保存してから消去命令を発行することをお勧めします。


    使用しているパソコンの日付を変更したらパソコンのマウス、キーボードが使用できなくなりました。


    遠隔データ消去サービスのデバイスロックがONになっている場合には、設定されたタイマーの時刻を超えるとマウス、キーボード、タッチスクリーンをロックします。パソコンの日付操作も影響されます。デバイスロックされたパソコンのロック解除するためには、あらかじめ登録したSSIDの範囲にパソコンを移動するか、USBメモリのルートに解除キーを保存したものをパソコンに挿入することによって、パソコンのロック解除することができます。


    デバイスロックを解除するためのUSBメモリを作成したいのですがどのように作成すれば良いのでしょうか?


    デバイスロックされたパソコンのロック解除するためのUSBメモリを作成する場合には、「設定」メニューよりロック解除のパソコンの設定グループ(設定A01~A04)を選択して、デバイスロック設定より、解除キーのダウンロードを行うことができます。その解除キーのファイルをUSBメモリのルートに保存してください。


    SSIDによるデバイスロック解除とはどのような機能でしょうか?


    デバイスロックされたパソコンのロック解除する方法はUSBメモリを使用する方法とSSIDによる2つの方法があります。SSIDはWi-Fiのアクセスポイントの識別子で、遠隔データ消去サービスに登録されたSSIDを検出した場合に自動でロック解除することができます。詳細については【SSIDによるロック解除について】を参照してください。


    突然デスクトップのファイルが消えてしまいました。何が起きたのでしょうか?


    不可視という機能が働いた場合には、デスクトップなどのファイルを隠して見えなくします。現在不可視になっているかどうかを確認するためには、「スタートメニュー」から「遠隔データ消去サービス」の中にある「遠隔データ消去サービス」をクリックして表示される画面左上のアイコンが緑のアイコンでその下に「不可視」と記述されていれば、不可視モードです。
    不可視モードヘは、不可視設定が有効で、パソコンがネットワークへ接続されていない場合に認証に失敗して不可視モードになります。


    不可視モードを解除するにはどうしたらよいでしょうか?


    不可視の解除方法は、「不可視一時解除」と「不可視解除」の2種類の方法があります。

    【不可視一時解除方法】
    「スタートメニュー」から「遠隔データ消去サービス」の中にある「遠隔データ消去サービス」をクリックして「現在の状況」の不可視設定にある[不可視解除]ボタンをクリックして解除パスワードを入力して一時解除することができます。
    不可視一時解除パスワードは、管理コンソールにログインして「ホーム」メニューからコンピューター名をクリックしてください。詳細情報ページの解除パスワードに設定されています。
    注意:不可視を一時解除するためには、不可視設定の「解除ボタン有効時間」が無効以外の時間が設定されている必要があります。

    【不可視解除方法】
    不可視を解除するためには、インターネットに接続できる状態にして、「スタートメニュー」から「遠隔データ消去サービス」の中にある「遠隔データ消去サービス」をクリックして「現在の状況」の設定・消去確認にある[接続]ボタンをクリックします。認証に成功すると不可視が解除されます。
    注意:不可視を解除するためには、不可視設定の「ネットワーク認証自動解除」がONになっている必要があります。


    デバイス暗号化(Windows8.1からの機能)は遠隔データ消去サービスのBitLockerキー消去は対応していますか?


    遠隔データ消去サービスでは、「BitLockerドライブ暗号化」に対応しています。「デバイスの暗号化」には対応していません。


    クライアントプログラムをアンインストールしたいのですが、パスワードがわかりません。


    クライアントのアンインストールパスワードは、管理コンソールにログインして「管理者」メニューの共通設定に記載されています。


    契約期間が終了した場合どうなりますか?


    契約期間は管理コンソールにログインして「管理者」メニューの契約情報に記載されています。契約期間を過ぎてしまうと、クライアントプログラムは「利用不可」状態になります。一度この状態になりますと契約期間を延長しても、クライアントプログラムは再インストールする必要があります。契約期間内に期間契約の更新を処理していただくようにお願いします。


    クライアントプログラムに「使用不可」と表示されました。どうしたらよいのでしょうか?


    管理コンソールから該当するコンピューターを登録解除した場合、そのパソコンはの監視対象から外れます。したがって、クライアントプログラムは次の認証通信を行ったタイミングで画面左下の表示が「登録済み」から「使用不可」に変わります。「使用不可」の状態では、消去やロックなど、トラストデリートの全機能がご利用できなくなります。
    再度、そのパソコンでトラストデリートを利用するためには、アンインストール、再インストール、再登録を行い、管理コンソールへ 該当パソコンが登録されて、トラストデリートを再度ご利用いただくことができます。