パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

佐賀県立鳥栖高等学校、生徒の個人情報を含む書類が流出

会社名 佐賀県立鳥栖高等学校
株式情報 非上場
漏洩種別 流出
漏洩対象 紙(書類)
漏洩場所 社外
漏洩内容 氏名
漏洩件数 5件
漏洩日時 2021/11/11
発表日時 2021/11/12

佐賀県立鳥栖高等学校にて、生徒の個人情報を含む書類が流出。同校にて、計算用紙として生徒に配布した裏紙綴りの中に、生徒の氏名が記載された採点済みの小テスト答案用紙が混入していたことにより、個人情報が流出した。

生徒からの報告により本件が発覚。当該計算用紙は28枚綴りであったが、内5枚が答案用紙が含まれていた。同校によると、生徒に配布している計算用紙は、教材用プリント等の裏紙を教員がある程度の枚数を紐で結び、生徒が自由に持っていけるよう印刷室前の廊下に置いていたが、今回、小テストを作成した教諭が、確認不十分のまま、他の不要な教材プリントとともに計算用紙として綴っていたことが原因であるとしている。同校は、同県教育委員会へ報告を行うとともに、全クラスで生徒が持っている計算用紙を回収し、当該生徒および保護者へお詫びと説明を行った。また、再発防止策として、個人情報を含む書類は施錠可能なキャビネットへの保管、計算用紙については、綴りを作成する際に、個人情報を含む書類が混入していないか確認することを徹底するとしている。

 



 

あわせて読みたい