• ホーム    >
  •  
  • エンドポイントの情報漏えい対策を考える コラム

データ消去証明書は「個人情報の保護に関する法律」に対して有効か

データ消去証明書は、廃棄予定のパソコンやリユースするパソコンのハードディスク内から、機密情報を外部に漏らさないための有効な手段です。一方で、データを適切な方法で消去することは、個人情報保護の観点からも...

注目されるセキュリティソリューション「ゼロトラストセキュリティ」とは

コロナにより大手企業だけでなく中小企業でもテレワークの機会が増えました。どこでも仕事ができる便利な働き方ですが、社外にパソコンなどを持ち出す機会が増えるため、セキュリティ対策は必要不可欠です。そうした...

情報セキュリティのための資格とは?

現在、企業や組織において、「セキュリティ」や「情報セキュリティ」というキーワードを当たり前のように使用していますが、そもそも「セキュリティ」「情報セキュリティ」とはどんな意味なのでしょうか。 “セキュ...

これを読めば全容がわかる!総務省「テレワークセキュリティガイドライン第5版」を改定部分も含めて徹底解説!

この記事をご覧になられている方はきっとテレワークに興味があって読まれていると思います。 弊社は、テレワークによる働き方が広く浸透し、全社員がテレワークで快適に働けるような体制が整っています。 社内外で...

個人のパソコンも情報漏えい対策できるって本当⁉ワンビの個人向けセキュリティ対策

みなさまいかがお過ごしでしょうか? 世の中は新型コロナウイルスが蔓延していますね。みなさま引き続き警戒しましょう! この状況で様々な働き方も変化しており、テレワークによる働き方がますます広がりそうです...

データ消去証明書の効力(信頼性)とその活用事例を紹介

数ある情報漏えいのインシデントの原因のなかで最も多いのは、「紛失・誤廃棄」という調査結果がでています(出典:東京商工リサーチ「上場企業の個人情報漏えい・紛失事故」調査 情報漏えい・紛失件数 原因別)。...

データ消去証明書サンプル~ADECが発行する「データ適正消去実行証明書」について~

パソコンなどを廃棄する際、情報漏えいを防ぐために適正なデータ消去は非常に重要です。適正なデータ消去を行わずにパソコンなどの情報機器を廃棄したりすることが情報漏えいの最も多い原因となっています。情報機器...

AIの実用化、現在と未来

60年以上前から誕生していたAIですが、現在では第3次AIブームと呼ばれ、ここ最近ようやくAI技術の実用化が実現してきました。本記事では、様々なビジネスで活用されている「AI」の導入事例と、今後AIが...

令和2年個人情報保護法改正の知っておくべきポイント~データの利用とペナルティ~

令和2年6月5日、第201回国会において「個人情報の保護に関する法律等の一部を改正する法律」が成立し、2022年までに施行される予定です。個人情報に対する意識の高まりと合わせて、デジタルデータの流通が...