パソコン紛失/エンドポイントの情報漏えい対策

エンドポイントの情報漏えい対策

TRUST DELETE prime フルワイプに対応したエンドポイントセキュリティ
データ消去証明書(データ適正消去 第三者証明サービス)

データ消去証明書(データ適正消去 第三者証明サービス)

企業経営者・情報システム担当者様必見!ワンビ オンラインセミナー オンラインセミナー参加者募集中

企業経営者・情報システム担当者様必見!ワンビ オンラインセミナー オンラインセミナー参加者募集中

ワンビのセキュリティソリューション

盗難・紛失対策 万が一のPC盗難・紛失対策が可能​ リモートロック・リモートワイプ​ 安心の情報漏えい対策 ハイブリットワーク​ テレワーク時の安心セキュリティ 使用ルールの違反時 自動的にアクションを実行 安心の廃棄 廃棄・リース返却に対応 復元が困難な消去 第三者消去証明サービス TRUST DELETE prime+ PC情報漏えい対策 オールインワンソリューション TRUST DELETE Biz+ PCの盗難・紛失対策 リモートワイプ シンプル・簡単・小規模​ Storage LCM ストレージのデータ消去証明​ OneBe Wipe PCのデータ消去・消去証明

PCメーカー共同開発製品

PCメーカー共同開発製品 TRUST DELETE Biz パナソニック版Plus 電源OFF状態でもロック・消去 TRUST DELETE Biz for FUJITSU 動作確認機種で安心利用 TRUST DELETE Biz for VAIO PC SMS命令でVAIO独自の安全消去 TRUST DELETE for VAIO®(個人向け) VAIO個人向け・簡単命令・スマホ対応​

とは

モバイルパソコンの情報漏えいと不正利用を防止
安心・安全なテレワークを推進

TRUST DELETE prime+は、パソコンの「盗難・紛失対策」・「ハイブリッドワーク」・「安心の廃棄」の全てに対応。​
最上位のオールインワンソリューションです。​

主な機能

盗難・紛失対策

リモートロック

PC操作を強力に無効化
第三者の不正操作を防止​

リモートワイプ

データを遠隔消去
PCの情報漏えいを防止

BitLockerキー消去

遠隔で回復キーを消去
OS起動を困難にする

命令発行代行

24時間365日
オペレーター命令発行代行

スマートフォン命令

スマホアプリから簡単命令
利用者自身ですぐ対応

位置情報取得

遠隔命令受信・ルール違反時​
PC位置情報を取得


ハイブリッドワーク

無線LAN接続先監視

許可のない無線接続時ロック
許可した無線LANに限定

OSログオン監視

指定回数失敗時シャットダウン
ブルートフォース攻撃の防止

自動消去

オンライン状態を監視
命令不通でも情報漏えい防止​

ネットワーク接続先監視

デフォルトゲートウェイ監視
許可の無いGW接続を防止

無線LANエリア監視

指定の無線エリア外はロック
無線エリア外の持ち出し防止

SIM監視

SIMカード抜き取り検知
カード抜去時にPCロック

アラーム

大音量アラーム発生
音で周囲におしらせ

利用エリア監視

指定エリア外を検知時ロック
使用可能なエリアを限定


安心の廃棄

廃棄消去

廃棄・リース返却時
簡単データ消去

第三者データ消去証明

データ消去の結果
第三者機関が消去証明

データ消去証明書

安心の廃棄を実現​
データ消去証明書を発行


データ消去証明書(データ適正消去 第三者証明サービス)

データ消去証明書(データ適正消去 第三者証明サービス)

情報機器の廃棄・リース返却時情報漏えい対策

情報機器の廃棄・リース返却時はデータを単に初期化するだけでなく、復元困難な消去とデータ消去証明書が必要です。
ワンビはパソコンからストレージ製品まで、情報漏えい対策製品を販売しているメーカーとして、第三者機関ADECの「データ適正消去実行証明書」の発行に対応した製品をラインナップしています。


情報セキュリティに関するホワイトペーパー​

1. 緊急事態発生

総務省の地方公共団体セキュリティガイドラインの情報機器の廃棄と対策に関するホワイトペーパー

安全な廃棄方法を知りたい方​
総務省が提唱する情報機器の廃棄方法​
ポイントを分かりやすく解説​

2. 遠隔命令を発動

情報漏えい対策にお困りの方
~安全・安心なセキュリティ環境構築のために~

情報漏えい対策にお困りの方​
重要データの情報漏えいリスク​​
課題と解決策を解説​​

3. データの漏洩を防御

本当に必要な情報漏えい対策は何か
金融業編

金融業界の関係者向け​​
銀行など金融業界でのPCの持ち出し​
情報漏えい対策の助けとなる資料​


エンドポイントの情報漏えい対策を考えるコラム

2021.10.16
データ消去証明書は「個人情報の保護に関する法律」に対して有効か
データ消去証明書は、廃棄予定のパソコンやリユースするパソコンのハードディスク内から、機密情報を外部に...
2021.09.14
注目されるセキュリティソリューション「ゼロトラストセキュリティ」とは
コロナにより大手企業だけでなく中小企業でもテレワークの機会が増えました。どこでも仕事ができる便利な働...
2021.08.14
情報セキュリティのための資格とは?
現在、企業や組織において、「セキュリティ」や「情報セキュリティ」というキーワードを当たり前のように使...
2021.07.12
これを読めば全容がわかる!総務省「テレワークセキュリティガイドライン第5版」を改定部分も含めて徹底解説!
この記事をご覧になられている方はきっとテレワークに興味があって読まれていると思います。 弊社は、テレ...
2021.07.02
ADEC(データ適正消去実行証明協議会)
ADEC(データ適正消去実行証明協議会)とは ADEC(データ適正消去実行証明協議会)は、ソフトウェ...
2021.06.15
個人のパソコンも情報漏えい対策できるって本当⁉ワンビの個人向けセキュリティ対策
みなさまいかがお過ごしでしょうか? 世の中は新型コロナウイルスが蔓延していますね。みなさま引き続き警...
続きを見る...

導入事例

  • TRUST DELETE prime建設事業 株式会社技研製作所​​​​
    ~ 建設を革新するグローバルエンジニアリング企業 ~​ ...続きを見る

      株式会社技研製作所​​​

      ~ 建設を革新するグローバルエンジニアリング企業 ~

      当社は、杭圧入引抜機「サイレントパイラー®」の開発と圧入機を用いた独自工法の創出、提案を通じ、世界の建設課題にトータルソリューションを提供するエンジニアリング企業です。​​​​

      導入企業
      ・東京本社 東京都江東区有明3-7-18 有明セントラルタワー16階
      ・高知本社 高知県高知市布師田3948-1
      ・創業   1967年1月1日(昭和42年)​​
      ・従業員数 633名(2010年8月末現在)
      ・事業内容 ・無公害工法・産業機械の研究開発および製造販売ならびにレンタル事業
            ・土木建築その他建設工事全般に関する業務ならびにコンサルタント業務​
            ・土木施工技術・工法の研究開発​
            ・上記に関する海外事業 ・ご利用製品 TRUST DELETE prime 600ライセンス​

      あらゆる働き方に対応できるように会社として取り組んでいる​​​​​

      イクメン企業アワード2020でグランプリを受賞するなど、ワークライフバランスを重視した職場環境づくりを全社を挙げて進めています。その一環としてテレワーク手当も新設し、在宅勤務を奨励しています。場所にとらわれない働き方に業務形態が変化してきており、営業職のみならず、事務職、技術職の社員も社外から社内にあるサーバにセキュアなSSLVPNで接続して利用する機会が増えてきています。SSLVPNの利用には社内手続きを経て承認されなければ利用できないようにしております。パソコンの紛失時は規程で定めたセキュリティを担当している執行役員と情報システム課に連絡するようにしていましたが、その際のデータ漏えいに対して課題を感じていました。​​​​​​

      TRUST DELETEだけにしかできないオフライン時のセキュリティ​​​​

      TRUST DELETEを見つけたときは、他にない機能なので、すぐに導入を決定しました。当社の業務特性として建設機械を製造していて電波の入りにくい場所で扱わなければならないため、電波が入りにくい場所ではそもそも使えないVDI(仮想デスクトップ)のパソコン​を選択することができませんでした。ネットワークがオフラインでもセキュリティが発動することを求めていました。そんなとき、1本の営業の電話がかかってきてTRUST DELETEの存在を知りました。それまでは、まったく聞いたこともなかったので、もっと告知をした方がいいですよ。(笑)​​​​​​​


      消去完了時のステータスレポートは廃棄時にも活用できると実感​​​​

      現在、TRUST DELETE primeの本格運用に向けて情報システム課内で準備している段階です。一定時間経過するとロックを発動させて、さらに放置していると消去することを想定してテストをしております。ロックをUSBで解除できるということがユニークなので運用を想定して試しています。連絡があれば、すぐにロック命令を発行し、接続があるかどうかを監視して、外部で接続を確認した場合に消去命令を発行するような運用を想定しております。遠隔からネットワーク越しにパソコンのデータを消去できるのも非常にメリットが高いのと消去が完了した際に後で報告形式で出力できるのは監査記録として有効だと考えて廃棄時の利用も考えています。​
      社員には、強制的にデータを消去することを認識してもらい業務のデータは会社のサーバに保管することを徹底して、消去が実行されても業務に支障をきたさないようにしていくつもりです。​​

      お話:情報システム課 課長 山田 俊則氏​​​


  • TRUST DELETE Biz編集プロダクション 株式会社風讃社​​​
    ~ 日本最大級の編集コンテンツ総合プロダクション「風」のように柔軟に、しなやかに ~​ ...続きを見る

      株式会社風讃社​​

      ~ 日本最大級の編集コンテンツ総合プロダクション「風」のように柔軟に、しなやかに ~

      風讃社は業界最大級の編集プロダクションです。妊娠・出産・育児ジャンルNo.1雑誌の「たまごクラブ」「ひよこクラブ」を、企画から校了まですべて制作し、さまざまなムック・書籍や企業PR誌・カタログ、WEBサイトなどのデジタルコンテンツの制作をしています。​​​​

      導入企業
      ・本社所在地 東京都千代田区神田神保町2-44
      ・創業    1992(平成4)年10月1日​
      ・従業員数  52名(2020年12月現在)
      ・事業内容  雑誌・ムック・書籍等出版物の編集制作、広告企画の制作、WEB制作など
      ・ご利用製品 TRUST DELETE Biz 35ライセンス

      出版業界もIT化でパソコンが必要不可欠に​​​​​

      社員には1人あたり1台のパソコンを付与していて、主に編集の際の原稿作成やカメラマンからの写真選定、出版物の校正を行っています。外部の印刷所へのデータ入稿には専用の公開サーバーを使用しています。またコロナ禍で暫定的に在宅勤務を奨励していますが、今後は正式なテレワークの導入に向けて、社内規定や運用ルールを検討している段階です。制作物としても新しいWEBコンテンツを企画しており、ITは出版業界においても切っても切り離せないようになって来ました。​​​​​​

      テレワーク導入はセキュリティが懸念​​​​

      以前は、デスクトップを使用していたが、リプレースの際にノートパソコンを選択し、持ち出し禁止を許可して機動力が生かせるようになりました。同時に、出版する前のデータなど機密情報を漏えいしないようにしなければなりません。そのため、意識づけも含めて申請して持ち出すようにしてきましたが、在宅勤務が増えてきたので、自宅から会社へのネットワークに接続すためにセキュアなVPNを利用して、安全に社内のネットワークに接続できるように試験的に導入しています。関連会社のセキュリティポリシーに合わせるために個人情報保護の観点から社内運用ルールを作成している最中です。このように通信のセキュリティと合わせて、移動中のリスクも検討しなければなりません。​​​​​​​


      リモートワイプ専門のTRUST DELETEを知ったのはパソコンのオプションメニュー​​​​

      資産管理製品でのリモートワイプも検討しましたが、PCがオフライン状態の際の命令発行は難しいことが分かりました。TRUST DELETEのことは、ノートパソコンをVAIOに決定し、オプションを選択しているときに見つけました。持ち出した際の盗難、紛失したときのリスクを考えて、リモートワイプができないかと考えていたので、ちょうどよかったです。比較検討しようと、いろいろと調べてみましたが、ワンビしかないと分かり導入を決定しました。​​

      2年以上使用しての安心感​​​​​

      一定期間使用していないときの自動的にロックする機能は管理する上で手間がかからず、安心して利用しています。導入の際に、社員には研修をおこない、セキュリティを導入していることを意識づけていますが、時間が経って忘れてしまっているようなので、気を引き締める意味でも改めて告知することも検討しないといけないです。
      ​ 2年以上使用している現在まだパソコンを紛失したインシデントは発生していませんが、TRUST DELETEを使った訓練も必要かと思います。ただ、本当にデータが消えてしまうので、ドキドキしてしまい、なかなかできないですね。​​

      お話: IT基盤室 林 貴幸​氏​​

  • TRUST DELETE primeガス事業 東部ガス株式会社​​
    ~ ガスを含むご家庭のすべてのお困りごとに応える”ウチ住まるごとサービス”を ~​ ...続きを見る

      東部ガス株式会社​

      ~ ガスを含むご家庭のすべてのお困りごとに応える”ウチ住まるごとサービス”を ~

      秋田・福島・茨城の3県において、都市ガスにおける「究極の安全・万全の供給」はもちろんのこと、ガスを含むご家庭のすべてのお困りごとに応える“ウチ住まるごとサービス”を充実させ、お客さまに「最高のサービス」を提供してまいります。24時間365日、誰よりも早くお客さまのもとへ駆けつけることができます。​​​

      導入企業
      ・本社所在地 東京都中央区日本橋箱崎町7-1
      ・創業    1911年5月26日​
      ・従業員数  422名(2019年12月31日現在)
      ・事業内容  1.ガスの製造・供給及び販売
             2.電気の販売​
             3.液化石油ガスの販売

      禁止していた持ち出しを社員のための在宅勤務導入で許可​​​​

      東京本社では、基本的にPCの持ち出しを禁止しており、許可されて持ち出していても社外のネットワークとの接続は禁止していましたが、会社の方針で在宅勤務を導入することになり通信環境を整え許可制にし、持ち出しができるようにしました。しかし、心配なのはセキュリティです。在宅勤務時のネットワーク環境は過渡期でして、現在は自宅のネットワークを使用してVPN接続して会社のネットワークに接続して仕事をしています。会社のネットワークにしか接続できない閉域用のモバイルルーターをセットでつけて全社員に配布したり、段階的に通信回線を内蔵しているWWANモデルのパソコンの導入をしたいと考えていたが、データの入ったパソコンを社外に持ち出すのは心配でした。​​​​​

      一本釣りでTRUST DELETE primeの導入を決定​​​

      以前から使用している資産管理製品で持ち出しパソコンのセキュリティが実現できないかを調査したが、 MDMや資産管理製品だとセキュリティの機能が弱くて、実現できない事が分かりました。 目的がセキュリティとして明確であったため、TRUST DELETEを一本釣りで選択しました。1日でも早く持ち出しを許可したかったので評価版がすぐに来てくれて導入もクラウドベースの管理サーバーで手間なく利用を開始することができました。展開前には、情報システム部内でロック命令を発行し実際にまったく使用できないことを実体験しました。その後、全く仕事ができなくなってしまい、少々困りましたが…。導入する際に、位置情報を取得することを告知した時には、えっという顔をされましたが、社員を守るためだということで納得していただきました。​​​​​

      導入後の運用もITに関わる、あらゆる相談事の連絡が来ていたので、何かあればすぐに対応できる体制はできていました。明確な指示をしていないが、何かあればすぐに連絡が来るような体制はできていました。そのため、トラブルもなく落ち着いていております。ただ、導入する際に、最初からキッティングしたわけでなく、既存であるパソコンに導入したので、社員に操作が必要で、その時に少し大変でした…サイレントインストール機能で配布できたんですね。もっと、しっかりと確認していればよかったです。​​​​​​


      情報システムグループ
      リーダー
      佐藤 卓美​氏​​​​

      情報システムグループ
      システム企画・開発チーム
      鈴木 暢​氏​​

      通信回線内蔵のパソコンで利便性とセキュリティ向上​​​

      今後は、会社のネットワークにしか接続できない閉域用のモバイルルーターをセットでつけて全社員に配布する予定もあるのと、段階的に閉域網で運用できる専用SIMが利用できるVAIOの導入を決めて発注して納品を待っている状態です。

      第三者のデータ消去証明書に期待する​​​​

      支社で使用したパソコンを廃棄業者に渡してから返却されるまでの過程も心配だが現状では退職者のパソコンを支社から本社まで送り返してもらう際にデータが入ったままなので、支社でデータ消去後に本社に送り返してもらう運用に変更し、そのデータ消去に第三者が確認した証明書があると安心感があると考えてます。​


  • TD Biz パナソニック版コンサルティング 株式会社日本M&Aセンター​
    ~ M&Aの総合企業として成約から成功まで。実績No.1のM&A仲介会社です ~​ ...続きを見る

      株式会社日本M&Aセンター

      ~ M&Aの総合企業として成約から成功まで。実績No.1のM&A仲介会社です ~

      日本M&Aセンターは、中堅・中小企業の友好的M&Aを支援しております。国内は東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、広島、沖縄の7拠点で国内全域をカバーしています。また、海外にもシンガポール、インドネシア、ベトナム、マレーシアに拠点を開設し、ASEAN全域をカバーしています。​​

      導入企業
      ・本社所在地 東京都千代田区丸の内1-8-2 鉄鋼ビルディング24階
      ・創業    1991年4月25日
      ・従業員数  638名 (2020年6月末時点)
      ・事業内容  中堅・中小企業のM&A支援​
      ・導入台数  730ライセンス(TRUST DELETE Biz パナソニック版)

      スピードが損なわれないように持ち出し制限しない運用​​​

      全社で業務のオペレーションの道具としてパソコンを使用しています。​ 特に営業を担当している社員には、スピードが損なわれないように会社の中でも持ち出しを許可して外からでも同じ環境で仕事ができるように構築して運用しています。​​​​

      金融業界と同じレベルのセキュリティーポリシーで運用​​

      M&A仲介業はお客様の会社の資産や財産を取り扱いますので、金融機関と同等のセキュリティレベルで運用することが必須となります。​ お客様のデータに関する管理は非常に重要で、入社時に個人契約メールの業務利用やクラウドストレージの使用禁止など、セキュリティに関する教育を随時行っています。​ また、システム面でのセキュリティ対策に関しては常に情報資産管理を徹底しており、操作ログの監視やリアルタイムのモニタリングも行っています。​しかし、ミスやうっかりなど、ヒューマンエラーによる情報漏えいをどのように対策するかが課題でした。​​​​


      堅牢かつ、高機能なセキュリティを搭載しているパナソニックを選択​​​​

      以前までは社内のデスクトップと持ち出し用のノートパソコンの2台で運用していましたが、在宅勤務の増加によってノートパソコン1台での運用に切り替えることを決定しました。​そこで重要になってくるのは堅牢性となります。​ 1台しかないパソコンが壊れてしまうと全く仕事ができなくなってしまうので、タフに働く営業社員の環境でもパフォーマンスを発揮してくれるパナソニックのレッツノートを選定しました。​ また、セキュリティへの意識の高さを認識されているパナソニックの営業より、レッツノート専用の持ち出しパソコンのセキュリティ対策「TRUSTDELTEパナソニック版」を紹介して頂きました。​電源がオフの状態でも紛失したパソコンのデータを遠隔から消去できることには驚きました。​​


      ワンビ社への期待​​

      ITソリューション部​
      情報システム課​ 課長​
      蔦 将宏氏​​

      ITソリューション部​
      情報システム課​​
      景山 真行氏​​

      もともと社員のセキュリティ意識も高かったため、TRUSTDELETEの導入にも不満の声もなく運用開始までスムーズに行うことができました。​ インシデントが発生した際には、1時間以内に本人や上長からの連絡を受けて、ISMSを取得している専用窓口が直ちにロックやワイプの命令発行を行っております。​ また、TRUSTDELETEの機能の中では位置情報の検索も非常に多く活用しており、実際はパソコンだけでなく利用している社員がどこにいたのかも確認してその発見に役立てています。​ 本ソリューションを導入したことで会社も働く社員も安心してITを活用できる環境を構築できるようになりました。 今までよりも在宅勤務が多くなった現在では検索する機会が増加しておりますので、今後の要望としては、位置情報の保持件数を多くしてほしいと思っています。


導入事例一覧

ご要望・ご相談はこちらから

▲ PAGE TOP