パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

藤沢市まちづくり協会、不正アクセスにより迷惑メールの踏み台に

発表日時2021/1/21

藤沢市まちづくり協会にて、不正アクセスにより迷惑メールの踏み台に。同協会が運営している、長久保公園都市緑化植物園ウェブサイトにおいて、外部からの不正アクセスにより、サーバー用メール送信機能をインストールのうえ踏み台として利用され、約 6,500 件の迷惑メールが配信された。

サーバー会社からサーバーアカウントにおいて、日本国外のメールアドレスに対する大量のメール送信処理が行われた旨の連絡があり、セキュリティーチェック及びサーバーパスワードの変更を実施するとともに、植物園のホームページを閉鎖し、原因の調査を開始。調査の結果、同協会内の全PCの不正アクセスの痕跡を確認し、影響が及んでいないことを確認した。原因や詳細については、現在も調査中であり、同協会は、対策としてホームページの二段階認証の設置とパスワード変更を行った。

 



あわせて読みたい