パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

鳴門山上病院、サイバー攻撃を受けシステムがランサムウエア被害

鳴門山上病院にてシステムがランサムウエア被害。同院のシステムがサイバー攻撃によるランサムウェアLockbit 2.0の被害を受け、電子カルテや院内LANシステムが使用できなくなった。同院は直ちに行政や関係機関に支援要請し、原因究明と速やかな回復に努めるとしている。なお、入院中の診療やケアはほぼ通常通りの対応となるが、外来診療は受付業務や処方に支障があるとして再来患者限定にて対応している。

同院のシステムがランサムウエア被害に遭った件で、オフラインバックアップからサーバが回復し、一部電子カルテや院内ネットワークの稼働が可能になり、入院入所中患者の診療・ケア、通所・訪問業務は問題ないとして、翌日より能な範囲で新規患者受け入れを再開した。(2022年6月21日追加)



 

あわせて読みたい