パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

岐阜県青少年SOSセンター、メールアドレスが成りすましメールに悪用

  • 元記事:岐阜県青少年SOSセンターのメールアドレスを使用した大量のなりすましメールの送信について
  • HP:岐阜県青少年SOSセンター
  • 発表日時 2014/7/8

    岐阜県青少年SOSセンターにてメールアドレスが成りすましメールに悪用され、大量の迷惑メールが送信されていたことが判明した。7月4日、同センターの受信トレイに大量の送信不通エラーメールが送信され、調査を行った結果、同センターのメールアドレスが不正使用され、6日までに約55,000件の迷惑メールが無差別送信されていることが分かった。同センターは新しいメールアドレスに変更し、当該メールアドレスの使用を停止したが、万が一不審なメールが届いた場合にはメールを開かずに削除するよう呼びかけている。現時点では同センターへの不正アクセスやウィルス感染、個人情報流出は確認されていない。




    あわせて読みたい