パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

大阪市東成区役所、職員が住民基本台帳のシステムを不正閲覧

会社名 大阪市東成区役所
株式情報 非上場
漏洩種別 流出
漏洩対象 システム
漏洩場所 社外
漏洩内容 住所
漏洩件数 2件
漏洩日時 2015/11/12~2016/4/4
発表日時 2016/5/20

大阪市東成区役所にて職員が住民基本台帳のシステムを不正閲覧。同区役所にて職員が業務とは無関係な住民個人情報を住民基本台帳等事務システムを利用して不正閲覧していたことにより個人情報が流出した。

住民基本台帳システムにおけるアクセスログの個人情報開示請求が提出されたためアクセスログを確認したところ同職員の不正閲覧が発覚。同職員は15回に渡り、市民の個人情報を閲覧していた。なお、情報の第三者への漏えいはされていない。




あわせて読みたい