パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

OpenSSL、複数の脆弱性を修正したセキュリティアップデートを公開

  • 元記事:OpenSSL Security Advisory
  • HP:OpenSSL
  • 発表日時 2016/9/22

    OpenSSLの複数の脆弱性を修正したセキュリティアップデートを公開した。今回修正された脆弱性は14件で、OpenSSL 1.1.0、1.0.2、1.0.1が影響を受ける。14件の脆弱性のうち危険度がHighとなっているのはOCSPステータスリクエストへのサービス妨害の1件、危険度ModerateがSSL_peek() 関数の呼出し処理のサービス運用妨害の1件となっている。その他12件の脆弱性が危険度Lowとなっている。同社はOpenSSL 1.1.0a、1.0.2i、1.0.1uを公開しており、アップデートによりこの脆弱性は修正される。

  • 関連記事:OpenSSL、セキュリティアップデートに新たな脆弱性を確認し再アップデートを公開



  • あわせて読みたい