パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

トレンドマイクロ、 InterScan Messaging Security Virtual Appliance に複数の脆弱性を確認

  • 元記事:アラート/アドバイザリ : InterScan Messaging Security Virtual Appliance に関するCVE-2017-1000367他複数の脆弱性について
  • HP:トレンドマイクロ
  • 発表日時 2017/12/26

    InterScan Messaging Security Virtual Appliance に複数の脆弱性が確認された。影響を受けるのはInterScan Messaging Security Virtual Appliance 9.0及び9.1で、バージョン1.8.20又はそれより古いsudoのget_process_ttyname()関数の問題により、この脆弱性が悪用されると、悪意あるユーザーに任意のファイル操作やコマンド実行をされたり、コマンドインジェクション及びリモートで任意のコードを実行される恐れがある。解決策として、InterScan Messaging Security Virtual Appliance 9.0 Critical Patch 1629及び InterScan Messaging Security Virtual Appliance 9.1 Critical Patch 1675が公開されており、パッチ適用によりこの脆弱性は修正される。




    あわせて読みたい