パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

Cisco System、Cisco Secure Access Control SystemにJavaデシリアライゼーションの脆弱性を確認

  • 元記事:Cisco Secure Access Control System Java Deserialization Vulnerability
  • HP:Cisco System
  • 発表日時 2018/3/7

    Cisco SystemのCisco Secure Access Control SystemにJavaデシリアライゼーションの脆弱性が確認された。影響を受けるのはACS 5.8 patch 9以前のバージョンで、Javaのデシリアライズ処理が安全ではない問題があり、細工されたJavaオブジェクトの送信により、ルート権限で任意のコードが実行される恐れがある。解決策としてCisco Secure ACS 5.8.0.32.9 Cumulative Patchが公開されており、アップデートによりこの脆弱性は解消される。




    あわせて読みたい