パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

京都教育大学、不正アクセスを受けメールアカウントが乗っ取り被害

  • 元記事:京都教育大学におけるWWWメールへの不正アクセスによる学外への多量迷惑メール送信について
  • HP:京都教育大学
  • 発表日時 2018/4/6

    京都教育大学にて、不正アクセスを受けメールアカウントが乗っ取り被害。同大のWWW メールサービスにて1件のアカウントが外部からの不正アクセスを受け、当該アカウントから学外の約360,000件のアドレスに向け迷惑メールが送信された。

    当該アカウント利用者がフィッシングメールのリンクをクリックしたことにより、認証情報が窃取されたことが原因であると考えらる。当該アカウントから送信されたメールは文面に不正なURLリンクが記載されたフィッシングメールであった。同大は既に当該アカウントのパスワード変更を行い、迷惑メールの送信は停止されている。同大はお詫びと説明を行った。




    あわせて読みたい