パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

Adobe Systems、Adobe Creative Cloudの脆弱性を修正したアップデートを公開

  • 元記事:Security updates available for Creative Cloud Desktop Application | APSB18-12
  • HP:Adobe Systems
  • 発表日時 2018/5/8

    Adobe SystemsはWindows 及び MacOS向けAdobe Creative Cloudに存在する3件の脆弱性を修正したアップデートを公開した。Creative Cloud 4.4.1.298とそれ以前のバージョンには入力値が不適切に検証され、権限昇格の恐れがある 「CVE-2018-4992」、証明書を正しく検証しないセキュリティバイパスの脆弱性「CVE-2018-4991」、検索パスが引用されない権限昇格の脆弱性「CVE-2018-4873」が存在する。
    同社はこれらの脆弱性を修正したCreative Cloud Desktop Application Creative Cloud 4.5.0.331を公開した。深刻度はCVE-2018-4991の脆弱性がCritical、他の2件はImportantとなっている。




    あわせて読みたい