パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

かながわ福祉サービス振興会、メール誤添付により個人情報が流出

会社名 公益社団法人かながわ福祉サービス振興会
株式情報 非上場
漏洩種別 流出
漏洩対象 メール
漏洩場所 社外
漏洩内容 氏名/メールアドレス/電話番号
漏洩件数 57件
漏洩日時 2021/7/8
発表日時 2021/7/9

かながわ福祉サービス振興会にてメール誤添付により個人情報が流出。同会長寿社会開発課にて、神奈川県が実施し、同会が運営を受託している「フレイル普及体験セミナー」の案内を各関係市町村とフレイルトレーナー計20名にへメールを送付した際、「令和2年度フレイルサポーター交流会」の参加者の個人情報が含まれたファイルを誤って添付したことにより個人情報が流出した。

本件発覚後、直ちに電子メール送信先に、誤送信したメールを廃棄するよう依頼を行い、削除したことを確認。原因は、メールを送付する際、送付者が添付ファイルを十分に確認することなく送付したことであるが、添付ファイルは、同会が委託業務完了時に廃棄及び消去したことの証明書を同県に提出していたため、残っていた原因を調査している。同会は、当該参会者にお詫びと説明を行い、送信時の誤り行為と資料に置ける管理について、原因を踏まえ早急に再発防止対策を実施するとしている。また、同県は同会に対し、個人情報の管理及びメール送信時の確認について、再度徹底するように指示をするとともに、廃棄されているはずの個人情報が存在していたことは重大な契約違反のため、情報の管理方法について詳細な調査を行い、今後の情報の取扱い管理方法を改めて指示するとしている。

 



 

あわせて読みたい