パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

ニッセイコム、マルウェア感染によるなりすましメールに注意喚起

発表日時2020/9/17

ニッセイコムにて、マルウェア感染によるなりすましメールが確認されており、同社は注意を呼び掛けている。同社によると、同社内PCがマルウェア「Emotet」に感染し、それにより不審なメールが送信された。同社社員から、情報システム部門に不審メールが届いた旨の連絡があり、調査した結果、Emotet感染の可能性が高いことが発覚。その後、同社社員の名前をかたった不審なメールが外部の無関係な第三者メールサーバから送信されていたことも確認された。

マルウェア感染後、同社は同社内の全PCのチェックを行い、マルウェア感染していたPCのウィルス駆除を行った。また、同社が提供している給与計算等のクラウド(ASP)サービスへのウィルス感染はないことを確認している。

同社は、同社を名乗った添付ファイル付きメールを受信した場合には、開封前のメールアドレスを確認するようにし、「@nisseicom.co.jp」以外のドメインメールだった場合には開封したり添付ファイルを開いたりせずに削除するよう呼び掛けている。さらに、同社の関連業者を名乗っているケースもあるため、メールアドレスが正しいか確認するよう呼び掛けている。

 



あわせて読みたい