パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

フィッシング対策協議会、ローソン銀行をかたるフィッシングメールに注意喚起

発表日時2021/8/13

ローソン銀行をかたるフィッシングメールが確認され、フィッシング対策協議会が注意を呼び掛けている。確認されたのは、「不正利用監視システム」のモニタリングにおいて、第三者がIDとパスワード利用し不正ログインを行った形跡が見つかったため、ログインを一時停止した旨のメールで、ログインするにはパスワードの再設定が必要のため、記載されているURLにアクセスを行い、カードの利用確認をするよう依頼しており、回答しない場合は、カードの利用制限を継続し、24時間以内に手続きがされない場合は、再度最初から手続きが必要になると不安を煽る内容になっている。

記載されているURLにアクセスをすると、契約者番号やパスワード、氏名、口座情報、生年月日、暗証番号などの入力を求められる。このようなサイトに個人情報を入力しないよう注意を呼び掛けている。

 



 

あわせて読みたい