パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

富士薬品、LINE WORKSアカウントの誤操作により複数顧客を含めたトークルームを誤作成

発表日時2021/3/24

富士薬品にて、LINE WORKSアカウントの誤操作により複数顧客を含めたトークルームを誤作成。同社の配置事業本部仙台泉営業所の従業員が、LINE WORKSアカウントにて、お友だち登録している顧客に向けて、新しい担当者をご紹介する目的でお客様ごとにトークルームを開設しようとしたところ、誤って160名のお客様をまとめたトークルームを作成した。

本件発覚後、当該顧客に対しお詫びとトークルームから退出するように依頼を行っており、事象の説明とお詫びを書面にて行っている。退出前であれば、LINEで登録しているニックネームとアイコンおよび公開範囲を「全体公開」として設定されたLINEタイムラインへの投稿は閲覧できる可能性があるとしている。なお、トークルーム内において投稿は行われておらず、顧客の個人情報をはじめ機密情報の流出および二次被害等は確認されていない。

 



あわせて読みたい