パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

愛知県、同県住宅供給公社を装う迷惑メールが送信

発表日時2022/2/7

愛知県にて同県住宅供給公社を装う迷惑メールが送信。同県にて、県営住宅の管理代行受託者である愛知県住宅供給公社を装う迷惑メールが県営住宅の入居者等あてに送信されていることから、公社にメールを送信もしくは入居者および業務関係社のメールアドレスが流出した可能性があることを公表した。

公社との業務委託契約者より迷惑メールが届いている旨の連絡をうけ、職員が確認したところ、そのようなメールを送信した履歴は確認されず、同様の連絡が同県および公社へ計188件届き、内2件が県営住宅の入居者であった。現在も、公社により原因等は調査中であり、万が一、不審なメールが届いた場合は、添付ファイルを開かずに削除するよう注意を呼びかけている。

 

 



 

あわせて読みたい