パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

神奈川県、個人情報含む書類滅失

会社名 神奈川県
株式情報 非上場
漏洩種別 紛失
漏洩対象 書類(紙)
漏洩場所 社内
漏洩内容 氏名/生年月日/住所等
漏洩件数 397件
漏洩日時 2020/03/18
発表日時 2020/03/31

神奈川県にて、保存すべき個人情報含む書類を誤ってシュレッダー処理。同県の県立新羽高等学校にて2月4日に事務室の耐火金庫内に保管していた平成31年度入学生分の中学校生徒指導要録抄本及び健康診断票が入った封筒を本来の保管場所である職員室内ロッカーに移動するため一時応接室に置き、その後忘れ、3月19日に別の職員が職員室ロッカーに見つからなかったため校内捜索及び応接室で行った業務に携わった職員に聞き取りを行ったところ、室内の片づけを行った際に封筒の中身を確認せず他の廃棄書類とともに業者によるシュレッダー処理がなされ滅失したことが分かった。

シュレッダー処理がなされた指導要録抄本は生徒の学籍や指導の過程・結果、その後の指導・外部に対する証明等に使われる文書で卒業後も学校にて保存期間があるものだった。同校は当該者及び保護者に対し説明とお詫びを電話で行うとともにお詫びの文書を送付している。

 



 

あわせて読みたい