パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

神奈川県、行政文書や個人情報が大量保存されたHDDが転売で流出

会社名 神奈川県
株式情報 非上場
漏洩種別 流出
漏洩対象 ハードディスクドライブ
漏洩場所 社外
漏洩内容 住所/氏名/県庁内機密情報
漏洩件数 不明
漏洩日時 2019/12
発表日時 2019/12/6

神奈川県にて、廃棄委託業者がHDDを転売し個人情報や機密情報が流出。同県にてサーバ更新のために取り外して廃棄処分とされた大量の個人情報や秘密情報が蓄積されたHDDを、廃棄委託業者の消去作業担当者がネットオークションで転売したことにより個人情報が流出した。

当該HDDは富士通リース株式会社から借りていたサーバに使用されていたもので、サーバ交換時期になったため同社が株式会社ブロードリンクにHDDを破壊するか、データを復元不可能なよう完全消去するよう指示していたが消去作業担当者が十分な消去を行わずにHDD18本をネットオークションで転売していた。

ネットオークションにて当該HDDを落札した男性が安全性を確かめるため、中身を確認した際にデータの存在に気付き、復元ソフトで復元したところ神奈川県の公文書や納税記録、個人情報など大量の情報が保存されていたことから流出が発覚。当該HDDは、県から同社に引き渡される際、簡易的なデータの消去は行われていたが、転売の際には完全に消去されず、復元ソフトにより復元できてしまう状況であった。転売されたHDD18本のうち、9本は転売先不明で未だ未回収でとなっている。なお、現時点では情報の悪用は確認されていない。



あわせて読みたい