パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

静岡市、追加調査で個人情報含む書類の紛失が発覚

会社名 静岡市
株式情報 非上場
漏洩種別 紛失
漏洩対象 紙(書類)
漏洩場所 社内
漏洩内容 住所/氏名/電話番号
漏洩件数 約11,200件(約6,200件/約5000件)
漏洩日時 2022/5/17,5/24
発表日時 2022/6/9

静岡市にて追加調査で個人情報含む書類の紛失が発覚。同市清水区役所にて、戸籍住民課が受理した住民票の写し等交付請求書及び戸籍等証明交付請求書入り保存箱が紛失した件を受けて、各区役所にて文書の保管状況確認を行った結果、清水区役所にて令和3年7月・8月分及び令和3年11月・12月分の住民票の写し等交付請求書(申出書)の入った箱2箱、葵区役所にて令和2年1月から3月分の印鑑登録証明書交付申請書の入った箱1箱の紛失が判明した。

これらの文書は保管庫内の保存箱が受付月順に並んでいなかったり、廃棄の際に保存期間の確認を一人で行っていたなどが原因で、他の文書の廃棄の際に、誤って一緒に誤廃棄した可能性が高い。今後は保存箱の整理方法や貼付ラベルの共通化、二重チェックの徹底などで再発防止に努めるとしている。

関連記事:静岡市、個人情報含む書類を紛失



 

あわせて読みたい