パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

大分銀行、保存期限前の書類を誤廃棄

会社名 株式会社大分銀行
株式情報 上場
漏洩種別 紛失
漏洩対象 紙(書類)
漏洩場所 社内
漏洩内容 住所/氏名/生年月日
漏洩件数 1,824件
漏洩日時 ~2011/4/7,11
発表日時 2011/5/20

大分銀行にて顧客個人情報含む書類を誤廃棄。同行臼杵支店にて年度更新に伴う保管文書の見直し作業を行ったところ本人確認記録書の保存期間を誤り、誤廃棄していたことが判明。これを受け全店にて調査を実施した結果、他に中津支店、勢家支店でも誤廃棄が確認された。

内部調査の結果、3店とも当該書類はシュレッダーで廃棄された記録が保存されており、廃棄処理されていることが確認されており、個人情報の外部流出の可能性はない。

あわせて読みたい