パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

LinkedInのサイトが一時アクセス障害

  • 元記事:App.net Passport
  • 元記事:Confluence-Networks
  • 元記事:Linkedin DNS Hijack
  • HP:LinkedIn
  • 発表日時 2013/6/20

    LinkedInが一時的にアクセス障害によりサイトにアクセスできなくなったりユーザがドメイン販売用ページ等に誘導されるトラブルが発生した。原因は同社のドメイン管理会社のエラーによるもので、悪質行為によるものではないとしている。しかし、App.netによると、原因がDNSのハイジャックによるものである可能性があるとしている。また、この障害の間にユーザがLinkedInにアクセスした場合、ユーザトラッフィックがConfluence-Networksによってネットワークに送信され、その際にSSLを使用していないため長期のセッションのクッキーが平文で送信されていた可能性がある。この問題は設定ミスによるものである可能性はあるが、攻撃者がDNSサーバ管理用アカウントを侵害した可能性がある。現在は既にサイトは復旧し、現時点では個人情報の流出は確認されていない。




    あわせて読みたい