パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

Webminにクロスサイトスクリプティングの脆弱性を確認

  • 元記事:Change Log
  • 元記事:Downloading and Installing
  • HP:Webmin
  • 発表日時 2014/3/14

    Webminにクロスサイトスクリプティングの脆弱性が確認された。影響を受けるのはWebmin 1.670とそれ以前のバージョンで、view.cgiページのsearchパラメーターにクロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在する。この脆弱性により情報漏洩や権限昇格、サービス運用妨害(DoS)攻撃を受ける恐れがある。解決策として、Webmin 1.680が公開されており、アップデート適用によりこの脆弱性は解消される。




    あわせて読みたい