パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

Google Search Appliance (GSA)にクロスサイトスクリプティングの脆弱性を確認

  • 元記事:Google Search Appliance dynamic navigation cross-site scripting vulnerability
  • HP:Google 検索アプライアンス
  • 発表日時 2014/5/1

    Google Search Appliance (GSA)にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が確認された。影響を受けるのはGoogle Search Appliance versions7.2.0.G.114以前と7.0.14.G.216以前のバージョンで、ダイナミック ナビゲーション機能が有効になっているとJavaScriptの<script>ブロックに反映されているユーザー入力を適切にサニタイズせず、悪用されると遠隔から攻撃者が任意のコードを実行する恐れがある。解決策としてGSA versions 7.2.0.G.114及び7.0.14.G.216が公開されており、アップデートによりこの脆弱性は解消される。




    あわせて読みたい