パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

大阪府立産業技術総合研究所、Shellshockの脆弱性を突いた不正アクセスを確認

  • 元記事:外部公開サーバへの不正アクセスの発生について(第1報)
  • 元記事:外部公開サーバーへの不正アクセスに関する調査状況について(第2報)
  • HP:大阪府立産業技術総合研究所
  • 発表日時 2014/10/30

    大阪府立産業技術総合研究所にて、サーバに不正アクセスが確認され、一部サービスを停止した。調査を行った結果、Shellshockのサーバソフトの脆弱性を突いた海外サイトからのマルウェア攻撃であることが確認された。当該サーバには同所HPの補完機能や一部職員のメールサーバ機能を持っているが、現時点では流出は確認されておらず、また当該サーバ以外で管理してる顧客個人情報などの流出も確認されておらず、被害も確認されていない。




    あわせて読みたい