パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

(US)CareFirst BlueCross BlueShield、不正アクセスを受け個人情報が流出

地域・国 Baltimore, MD USA
会社名 CareFirst BlueCross BlueShield
株式情報 非上場
漏洩種別 流出
漏洩対象 データベース
漏洩場所 社外
漏洩内容 氏名/生年月日/メールアドレス
漏洩件数 約1100,000件
漏洩日時 2014/6
発表日時 2015/5/20

CareFirst BlueCross BlueShieldにて不正アクセスを受け個人情報が流出した。最近頻発に狙われている健康保健機関のサイバー攻撃の結果を受けて同社でも調査を行った結果、2014年6月にデータベースにアクセスされていたことが発覚した。CareFirstのITシステムに複数のスキャンの形跡が確認された。同社はCareFirstの登録者のアカウントを停止し、再度ユーザ名とパスワードを作成するよう依頼を行った。同社は流出該当者に無料クレジットモニタリングとアイデンティティセフトプロテクションを2年間提供する。




あわせて読みたい