パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

Adobe Systems、 Adobe Flash Playerのセキュリティアップデートを公開

  • 元記事:Security updates available for Adobe Flash Player
  • HP:Adobe Systems
  • 発表日時 2015/6/9

    Adobe Systemsが Windows、Macintosh、Linux向けにAdobe Flash Playerのセキュリティアップデートを公開した。影響を受けるのはUsers of the Adobe Flash Player Desktop runtime 17.0.0.188とそれ以前、Adobe Flash Player Extended Support Release 13.0.0.289とそれ以前、Adobe Flash Player for Google Chrome 17.0.0.188とそれ以前、Adobe Flash Player for Internet Explorer 10 and Internet Explorer 11 17.0.0.188とそれ以前、Adobe Flash Player 11.2.202.460とそれ以前、AIR Desktop Runtime 17.0.0.172とそれ以前、AIR SDK & Compiler 17.0.0.172とそれ以前、AIR for Android 17.0.0.144とそれ以前で、このうちAdobe Flash Player Desktop Runtime、Adobe Flash Player Extended Support Release、Adobe Flash Player for Google Chrome は優先度が最も高い1になっている。
    今回のアップデートでは同一生成元ポリシーのバイパスの脆弱性、情報流出、任意のコード実行、メモリ破損、解放後使用など13件の脆弱性に対応した。
    これらの脆弱性を修正したWindowsとMacintosh向けUsers of the Adobe Flash Player Desktop runtime18.0.0.160、
    WindowsとMacintosh向けAdobe Flash Player Extended Support Release 13.0.0.292、Linux向けAdobe Flash Player 11.2.202.466、WindowsとLinux向けAdobe Flash Player for Google Chrome 18.0.0.160 とMacintosh向け 18.0.0.161、Windows 8.x用dobe Flash Player 18.0.0.160、Macintosh向けAIR Desktop Runtime 18.0.0.143とWindows向け18.0.0.144、Macintosh向けAIR SDK & Compiler 18.0.0.143とWindows向け18.0.0.144、AIR for Android 18.0.0.143が公開された。




    あわせて読みたい