パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

マイクロソフト、1月の月例セキュリティ情報を公開

  • 元記事:2016 年 1 月のマイクロソフト セキュリティ情報の概要
  • HP:マイクロソフト
  • 発表日時 2016/1/13

    マイクロソフトは1月の月例セキュリティ情報を公開した。今回は9件のセキュリティ情報を公開し、25件の脆弱性に対応した。今回公開されたセキュリティ情報9件中7件が深刻度「緊急」となっている。
    累積的なセキュリティ更新プログラム(MS16-001)ではIE 7~11を対象にメモリ破損、特権昇格の脆弱性を修正した。今回で旧バージョンのIEのアップデートが最後となり、今後は最新バージョンのみがサポート対象となるため、最新版にアップデートすることが推奨されている。Edge用累積的なセキュリティ更新プログラム(MS16-002)はWindows10向けで、Microsoft Edge及びスクリプトエンジンに含まれる2件のメモリ破損の脆弱性が修正された。JScriptおよびVBScript用の累積的な更新プログラム(MS16-003)では
    スクリプト エンジンのメモリ破損、Office 用のセキュリティ更新プログラム (MS16-004)ではOfficeのほかSharePoint Server やSharePoint Foundation、Exchange Serverを対象にセキュリティ機能のバイパスやメモリ破損など5件に対応した。その他、カーネルモードドライバー、Silverlight、Windows、Windows カーネル、Exchange Serber用セキュリティ更新プログラムの脆弱性に対応した。




    あわせて読みたい