パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

Cisco Systems、Cisco製品の複数の脆弱性を修正したセキュリティアップデートを公開

  • 元記事:Cisco ASR 5000 Series ipsecmgr Service Denial of Service Vulnerability
  • 元記事:Cisco Unified Communications Manager Web Interface Cross-Site Scripting Vulnerability
  • 元記事:Cisco Firepower System Software FTP Malware Vulnerability
  • 元記事:Cisco Email Security Appliance MIME Header Processing Filter Bypass Vulnerability
  • 元記事:Cisco Email Security Appliance MIME Header Processing Filter Bypass Vulnerability
  • HP:Cisco Systems
  • 発表日時 2016/11/16

    Cisco Systemsは複数のCisco製品に存在する脆弱性を修正したセキュリティアップデートを公開した。
    今回修正されたのは、Cisco ASR 5000/5500 Series routers及びCisco Virtualized Packet Core (VPC)に存在するサービス運用妨害やCisco Unified Communications Manager のウェブインターフェイスに含まれるクロスサイトスクリプティング、Cisco Firepower System Softwareに含まれるFTPマルウェアのバイパス、Cisco Email Security Appliancesに含まれるAMPのバイパスで、深刻度はいずれも上から三番目のMediumとなっている。アップデートによりこれらの脆弱性は解消される。




    あわせて読みたい