パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

Check Point Software Technologies、新たなAndroidマルウェアキャンぺーンの「Gooligan」により100万件異常のGoogleアカウントの攻撃被害を確認

  • 元記事:新たなAndroidマルウェア・キャンペーン「Gooligan」を発見 100万件以上のGoogleアカウントに大規模セキュリティ侵害が発生
  • HP:Check Point Software Technologies
  • 発表日時 2016/12/1

    新たなAndroidマルウェアキャンペーンにより100万件以上のGoogleアカウントが攻撃されたことをCheck Point Software Technologiesが確認した。Check Point によると、このAndroidマルウェアキャンペーンは「Gooligan」と呼ばれ、このマルウェアキャンペーンにより1日当たり1万3,000台以上のデバイスがマルウェア感染の被害を受けている。
    GooliganはAndroid搭載デバイスをroot化してデバイスに保存されている認証トークンを盗み出し、GoogleサービスのGmailやGoogle Photos、Google Drive、Google Play、G Suiteなどの情報に不正にアクセスする。
    このマルウェアによりAndroid 4(Jelly Bean、KitKat)およびAndroid 5(Lollipop)が影響を受ける。これらのバージョンは現在使用されているAndroid端末の74%近くを占める。この攻撃キャンペーンで1日当たり3万以上のアプリが不正にインストールされ、キャンペーン開始以来現在までに200万件以上インストールされている。同社はこのキャンペーンを発見後、直ちにGoogleのセキュリティチームにGooliganについて報告し、Googleは影響を受けたユーザーに通知や認証トークンの無効化などの措置を行っている。




    あわせて読みたい