パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

US-CERT、SMBのレガシーバージョンの脆弱性に注意喚起

  • 元記事:SMB Security Best Practices
  • HP:US-CERT
  • 発表日時 2017/1/17

    Windowsシステムの通信プロトコルのServer Message Block(SMB)に脆弱性が確認され、US-CERTが注意を呼び掛けている。SMBはファイルやプリンタ共有に使用されている。このWindows版SMBのレガシーバージョンの使用により、悪用されると機密情報が盗取される恐れがある。対策として、SMB v1を無効化し、
    TCPポート445番と、関連するUDPポート137-138番及びTCPポート139番のプロトコルをブロックすることにより、ネットワーク境界のSMB全バージョンをブロックすることでこの脆弱性を回避できる。




    あわせて読みたい