パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

Apple、複数のApple製品の脆弱性を修正したセキュリティアップデートを公開

  • 元記事:iOS 10.3 のセキュリティコンテンツについて
  • 元記事:About the security content of macOS Server 5.3
  • 元記事:tvOS 10.2 のセキュリティコンテンツについて
  • 元記事:About the security content of watchOS 3.2
  • 元記事: About the security content of macOS Sierra 10.12.4, Security Update 2017-001 El Capitan, and Security Update 2017-001 Yosemite
  • 元記事:https://support.apple.com/ja-jp/HT207600
  • 元記事: About the security content of Pages 6.1, Numbers 4.1, and Keynote 7.1 for Mac and Pages 3.1, Numbers 3.1, and Keynote 3.1 for iOS
  • 元記事:About the security content of iTunes 12.6 for Windows
  • 元記事:About the security content of iTunes 12.6
  • HP:Apple
  • 発表日時 2017/3/27

    Appleは複数のApple製品の脆弱性を修正したセキュリティアップデートを公開した。今回はmacOS Server 5.3以前、tvOS 10.2以前、WatchOS 3.2以前、iOS 10.3以前、macOS Sierra 10.12.4以前、OS X El Capitan以前、OS X Yosemite以前、Safari 10.1以前、ages 6.1 for Mac以前、Numbers 4.1 for Mac以前、Keynote 7.1 for Mac以前、Pages 3.1 for iOS以前、Numbers 3.1 for iOS以前、Keynote 3.1 for iOS以前、iTunes 12.6 for Windows以前、iTunes 12.6 以前のバージョンに対応した。
    iOS 10.3では84件の脆弱性を修正した。iOS 10.3では iPhone 5 以降、iPad (第 4 世代) 以降、iPod touch (第 6 世代) 以降のデバイスを対象にメモリ破損やバッファオーバーフロー、入力検証不備、解放済みメモリ使用、カーネル権限取得、情報漏洩などの脆弱性に対応した。macOS Sierra 10.12.4ではサービス運用妨害、PHP、解放済みメモリ使用、メモリ破損、バッファオーバーフロー、情報漏洩など125件の脆弱性に対応した。
    Safari 10.1ではOS X Yosemite v10.10.5、OS X El Capitan v10.11.6、macOS Sierra 10.12.4を対象に、メモリ破損やサービス運用妨害、検証不備などを修正した。その他の脆弱性や機能改善なども行った。




    あわせて読みたい