パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

Cisco Systems、Cisco WebExのブラウザ拡張機能に任意のコード実行の脆弱性を確認

  • 元記事:Cisco WebEx Browser Extension Remote Code Execution Vulnerability
  • HP:Cisco Systems
  • 発表日時 2017/7/17

    Cisco WebExのブラウザ拡張機能に任意のコード実行の脆弱性が確認された。影響を受けるのは、Chrome版及びMozilla Firefox版Cisco WebEx extension Version 1.0.12以前で、拡張機能のデザイン欠陥に起因する。この脆弱性が悪用されると、細工されたウェブサイトの閲覧により任意のコードが実行される恐れがある。解決策として、Cisco WebEx extension Version 1.0.12が公開されており、アップデートによりこの脆弱性は解消される。また、使用しない場合はMeeting Services Removal Toolで WebEx softwareをWindowsシステムから削除するよう推奨している。なお、Cisco WebEx Productivity ToolsやMac版及びLinux版Cisco WebEx browser extensions、Microsoft EdgeやInternet ExplorerでCisco WebExの使用の場合はこの脆弱性の影響を受けない。




    あわせて読みたい