パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

シマンテック、容易にモバイルランサムウェアが作成可能なAndroidアプリを確認

  • 元記事:モバイルマルウェア工場: ランサムウェアを作成できる Android アプリが出現
  • HP:シマンテック
  • 発表日時 2017/8/25

    プログラミング経験がなくても容易にモバイルランサムウェアが作成可能なAndroidアプリをシマンテックが確認した。同社によると、このアプリは無料で提供されているマルウェア作成キットで、インストールするだけでプログラミングの経験がなくてもAndroidランサムウェアが自分のデバイス上で簡単に作成できる。現在このアプリはハッカーのフォーラムや中国のソーシャルネットワークで表示される広告から入手可能となっている。
    マルウェアを作成するには、画面上のフォームに必要な情報を入力し、カスタマイズできるオプションからカスタマイズ内容を選ぶだけのためとても簡単に作成できる。フォームに必要情報を入力してcreateボタンを押すと、サービス登録が要求され、アプリ上でアプリ開発者と支払い方法の設定についてオンラインチャットでき、登録が完了するとプロセス続行が可能となり、その後は自由にランサムウェアの亜種の作成が可能になり、出荷可能な状態で外部ストレージにマルウェアが作成される。スマートフォン上でプログラムを書かずにマルウェア作成のプロセスが実行できる。ただし、このランサムウェアの拡散はユーザが自分で行う必要があり、拡散方法は攻撃者に一任される。ユーザがこのランサムウェアをインストールしてしまうと、SYSTEM_ALERT_WINDOWを使用してデバイスがロックされ、ロック解除コードの入力を求められ、入力コード入手のため身代金が請求される。
    現在確認されたものは中国語のユーザを対象としたものであるが、インターフェイスの言語変更は簡単であるため、今後別の言語のバージョンも現れる確率が高い。このように、技術的な知識がほとんどない素人でも簡単にランサムウェアが作成できてしまうことから、今後これらのアプリを使用したマルウェアによる被害が増える恐れがあるとして注意を呼び掛けている。




    あわせて読みたい