パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

Microsoft、.NET Framework に任意コード実行の脆弱性を確認

  • 元記事:CVE-2017-8759 | .NET Framework Remote Code Execution Vulnerability
  • HP:Microsoft
  • 発表日時 2017/9/12

    Microsoftの.NET Framework に任意コード実行の脆弱性が確認された。Microsoft .NET FrameworkのWSDL 解析コンポーネントが適切に開業コードの処理を行わない問題が存在しており、この脆弱性が悪用されると任意のコードが実行され、プログラムのインストールや閲覧、改ざん、削除、新しいアカウントの作成等を行う恐れがある。解決策として、.NET frameworkバージョン1.1が公開されており、アップデートによりこの脆弱性は修正される。




    あわせて読みたい