パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

プリンストン、デジ蔵 ShAirDisk(PTW-WMS1)に複数の脆弱性を確認

  • 元記事:PTW-WMS1をルーター機能の無いモデムに接続してご使?されているお客様へ ファームウェアアップデートのお知らせ
  • HP: プリンストン
  • 発表日時 2017/11/30

    プリンストンのワイヤレスモバイルストレージのデジ蔵 ShAirDisk(PTW-WMS1)に複数の脆弱性が確認された。影響を受けるのはPTW-WMS1 用ファームウェア バージョン 2.000.012で、当該製品のルータ機能の無いモデムに接続して使用している場合にアクセス制限不、バッファオーバーフロー、OS コマンドインジェクション、 認証不備の脆弱性が存在する。これらの脆弱性が悪用されると、攻撃者に遠隔から情報の改ざんや削除、サービス運用妨害、任意のOSコマンド実行、任意の操作を実行される恐れがある。解決策として、これらの脆弱性を修正したPTW-WMS1用ファームウェアバージョン 2.000.040が公開されており、アップデートによりこの脆弱性は修正される。




    あわせて読みたい