パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

マイクロソフト、2月の月例セキュリティ更新を公開

  • 元記事:セキュリティ更新プログラム ガイド
  • 元記事:2018 年 2 月のセキュリティ更新プログラム (月例)
  • HP:日本マイクロソフト
  • 発表日時 2018/2/14

    マイクロソフトは2月の月例セキュリティ更新を公開した。今回のアップデートでは Internet Explorer、Microsoft Edge、Microsoft Windows、Microsoft Office / Microsoft Office Services及び Web Apps、ChakraCore、Adobe Flashに対する更新プログラムが公開され、50件の脆弱性の修正を行った。Windows 10 および Windows Server 2016 (Microsoft Edge を含む)、Windows 8.1およびWindows Server 2012 R2、Windows Server 2012、Windows RT 8.1、Windows 7 および Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008、Internet Explorer、Microsoft Office 関連のソフトウェア、ChakraCoreにはそれぞれ深刻度「緊急」の脆弱性が含まれている。 これらの脆弱性の悪用によりリモートコード実行や特権昇格などをされる恐れがある。




    あわせて読みたい