パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

複数の SAML ライブラリに認証回避の脆弱性を確認

  • 元記事:Release 1.0.8 – 2018/02/26
  • 元記事:Multiple SAML libraries may allow authentication bypass via incorrect XML canonicalization and DOM traversal
  • 発表日時 2018/2/27

    複数の SAML ライブラリに認証回避の脆弱性が確認された。影響を受けるのはOneLogin 提供の python-saml及び”ruby-saml、Clever提供 のsaml2-js、OmniAuth SAML やShibboleth OpenSAML C++ などのライブラリで、XML DOM トラバーサルや正規化の処理を行う API における XML データ中のコメントの処理の問題によりXML 署名を正しく検証しない問題が存在する。この脆弱性が悪用されると、攻撃者にSAML データの内容を XML 署名が無効にならない形で改ざんされ、SAML サービスプロバイダの第一段階の認証を回避される恐れがある。解決策として、最新版の SAML ライブラリにアップデートすることでこの脆弱性は解消される。




    あわせて読みたい