パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

シスコシステムズ、Cisco Prime Collaboration Provisioning(PCP)にパスワードがハードコードされている脆弱性を確認

  • 元記事:Cisco Prime Collaboration Provisioning Hard-Coded Password Vulnerability
  • HP:シスコシステムズ
  • 発表日時 2018/3/7

    Cisco Prime Collaboration Provisioning(PCP)にパスワードがハードコードされている脆弱性が確認された。影響を受けるのはCisco PCP 11.6で、パスワードがハードコードされていることにより、ハードコードされた認証情報を使ってSSH経由でシステムに侵入し、root権限を取得してシステムが完全制御される恐れがある。
    この脆弱性のCVSSベーススコアは5.9となっているが、root権限を取得される恐れがあるため、重要度はCriticalとなっている。解決策としてCisco PCP 2.1以降へのアップデートによりこの脆弱性は解消される。




    あわせて読みたい