パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

Adobe Systems、 Adobe Flash Playerのセキュリティアップデートを公開

  • 元記事:Security updates available for Flash Player | APSB18-08
  • HP:Adobe Systems
  • 発表日時 2018/4/10

    Adobe Systemsは Adobe Flash Playerに存在する複数の脆弱性を修正した Windows、Macintosh、Linux、Chrome OS向けセキュリティアップデートを公開した。Adobe Flash Player 29.0.0.113 とそれ以前のバージョンには解放後使用、領域外読込み、領域外書込み、ヒープオーバーフローなど6件の脆弱性が存在する。これらの脆弱性が悪用されるとリモートコード実行や情報流出の恐れがある。解決策としてAdobe Flash Player 29.0.0.140が公開されており、アップデートによりこの脆弱性は解消される。優先度はLinux版が3段階中の一番低い3でその他は2となっている。




    あわせて読みたい