パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

Apple、Mac向けiOS、Safari 、Security Update 2018-001を公開

  • 元記事:iOS 11.3.1 のセキュリティコンテンツについて
  • 元記事:Safari 11.1 のセキュリティコンテンツについて
  • 元記事:セキュリティアップデート 2018-001 のセキュリティコンテンツについて
  • HP:Apple
  • 発表日時 2018/4/24

    AppleはMac向けiOS、Safari及びSecurity Update 2018-001を公開した。
    今回公開されたiOS 11.3.1ではiPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)向けにWebKitに含まれる2件のメモリ破損の他Crash Reporterに含まれるメモリ破損、LinkPresentationに存在するURL処理の偽装の脆弱性に対応した。
    Safari 11.1でもOS X El Capitan 10.11.6、macOS Sierra 10.12.6、macOS High Sierra 10.13.4を対象に、WebKitに含まれる2件のメモリ破損に対応した。
    セキュリティアップデート 2018-001ではmacOS High Sierra 10.13.4を対象にCrash Reporterに存在するメモリ破損とLinkPresentationに存在するURL処理の偽装の脆弱性に対応した。




    あわせて読みたい