パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

VMware、VMware WorkstationおよびFusionに複数の脆弱性を確認

  • 元記事:VMware Workstation および Fusion におけるリソース管理に関する脆弱性
  • HP:VMware
  • 発表日時 2018/05/15

    VMware WorkstationおよびFusionに複数の脆弱性が確認された。影響を受けるの
    は、VMware Fusion 10.1.1 未満の 10.x、VMware Fusion 8.x、VMware Workstation Player 14.1.1 未
    満の14.x、VMware Workstation Player 12.x、VMware Workstation Pro 14.1.1 未満の14.x、VMware
    Workstation Pro 12.xで、署名バイパス及びNULLポインタ参照の脆弱性が存在する。
    これらの脆弱性が悪用されると、サービス運用妨害攻撃をされる恐れがある。解決策として、VMware Workstation 14.1.2とVMware Fusion 10.1.2が公開されており、アップデートによりこの脆弱性は解消される。




    あわせて読みたい