パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

Apple、Apple製品のセキュリティアップデートを公開

  • 元記事:iOS 11.4 のセキュリティコンテンツについて
  • 元記事:macOS High Sierra 10.13.5、セキュリティアップデート 2018-003 Sierra、セキュリティアップデート 2018-003 El Capitan のセキュリティコンテンツについて
  • 元記事:Safari 11.1.1 のセキュリティコンテンツについて
  • 元記事:Ubuntu 14.04 向けセキュリティアップデート 2018-001 Swift 4.1.1 のセキュリティコンテンツについて
  • 元記事:tvOS 11.4 のセキュリティコンテンツについて
  • 元記事:iTunes for Windows 12.7.5 のセキュリティコンテンツについて
  • 元記事:watchOS 4.3.1 のセキュリティコンテンツについて
  • 元記事:watchOS 4.3.1 のセキュリティコンテンツについて
  • HP:Apple
  • 発表日時 2018/5/29

    Appleは複数のApple製品に存在する脆弱性を修正したセキュリティアップデートを公開した。
    iOS 11.4では、Kernelに含まれるメモリ破損や入力のサニタイズ処理など3件やWebKitに含まれるメモリ破損やクロスオリジンなど12件の脆弱性やセキュリティに関する脆弱性など5件の他、競合状態やサービス運用妨害、バッファオーバーフローなど合計35件の脆弱性に対応した。
    macOS High Sierra 10.13.5ではKernelに含まれるメモリ破損や入力のサニタイズ処理など4件やセキュリティに関する脆弱性5件など合計32件の脆弱性に対応した。更に、Safari 11.1.1で、別途13件脆弱性に対応した。
    Ubuntu 14.04用のSwiftでは、特定のバージョンの Swiftに、ライブラリが書き込み権限と実行権限付きで読み込まれるという脆弱性に対応した。
    その他iTunes 12.7.5 for WindowsやiCloud for Windows 7.5やtvOS 11.4では、バッファオーバーフローによる権限昇格のほかKernelに含まれる複数のメモリ破損や入力のサニタイズ処理、Webkitに含まれる多数のメモリ破損を修正し、watchOS 4.3.1でも複数の脆弱性やバグ修正を行った。




    あわせて読みたい