パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

兵庫県立がんセンター、個人情報含むデジタルカメラを紛失

会社名 兵庫県立がんセンター
株式情報 非上場
漏洩種別 紛失
漏洩対象 デジタルカメラ
漏洩場所 社外
漏洩内容 氏名
漏洩件数 96件
漏洩日時 2020/6/24~6/25の間
発表日時 2020/7/21

 

兵庫県立がんセンターにて個人情報含むデジタルカメラを紛失。同センターにて、放射線治療を行った患者の個人情報含むデジタルカメラを診療放射線技師が放射線治療計画用CT操作室内にて写真データを電子カルテに登録するために使用したが、その後紛失した。

翌日に放射線治療計画用CT操作室内に当該デジタルカメラが見当たらなかったことから紛失が発覚。紛失発覚後、放射線治療関係者全員でCT室内や放射線治療照射室内等を捜索したが発見できなかった。その後、放射線治療関係者以外の職員にもデジタルカメラの所在確認を行ったが発見できなかったため、盗難の可能性をもあることから明石警察署に盗難被害届を提出した。現時点では情報の流出や悪用は確認されていない。

同センターは対象の患者に経緯説明とお詫びを行った。今後、個人情報含むデジタルカメラ等の記憶媒体を保管する際には施錠できる棚に保管することを徹底し、撮影した個人情報は電子カルテ端末に登録した後はすぐに消去するようにするとしている。



あわせて読みたい