パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

大阪大学、不正アクセスを受けウェブサイトが改ざん

  • 元記事:理学研究科・理学部ウェブサイト改ざんに関するお知らせとお詫び(第一報)
  • HP:大阪大学
  • 発表日時 2014/6/12

    大阪大学にて不正アクセスを受けウェブページが改ざん。同大理学研究科・理学部のウェブサイトが外部からの不正アクセスを受け、一部ページが改ざんされた。同大の職員がアクセスした際にウィルス対策ソフトからウィルス発見の警告があり改ざんが発覚。サイト閲覧者は意図しないファイルをダウンロードされた可能性があるため、最新のソフトウェアでウィルススキャンを行うよう呼びかけている。なお、当該サイトには個人情報は保存されていないため、個人情報の流出はない。




    あわせて読みたい