パソコンの誤操作、不正アクセス、紛失、盗難などによる個人情報や機密情報の流出などは後を絶ちません。
「情報漏えいニュース」では、日々発生する情報漏えいに関するニュースをまとめて公開しています。

WordPress 用プラグイン Ultimate Memberに複数の脆弱性を確認

  • 元記事:WordPress 用プラグイン Ultimate Member における複数の脆弱性
  • HP:Ultimate Member
  • 発表日時 2018/5/10

    WordPress 用プラグイン Ultimate Memberに複数の脆弱性が確認された。影響を受けるのはUltimate Member 2.0.4以前のバージョンで、クロスサイトスクリプティング、ショートコード機能におけるディレクトリトラバーサル、任意のファイルアップロード 、AJAX機能におけるディレクトリトラバーサル、Forms 画面におけるアクセス制限不備、Role の処理に起因するアクセス制限不備の脆弱性が存在する。これらの脆弱性が悪用されると、任意のスクリプト実行や任意のファイルへのアクセス、任意の画像ファイルアップロードで意図しないファイルの授受、サーバ内の任意のファイル削除、新規フォームの追加、他のユーザのプロフィール編集などの恐れがある。解決策として最新バージョンのUltimate Member 2.0.16が公開されており、アップデートによりこれらの脆弱性は修正される。




    あわせて読みたい